おすすめビデオスロット 【最新版】 〜プロバイダ別編I〜

現在オンラインカジノのビデオスロットは数千機種あると言われています。
登録したけどまだ何で遊んでいいかわからない。遊んでみたいけど勝てるスロットで遊びたい。なんて人は多いと思います。
スロットそれぞれに還元率(ペイアウト率)やボラティリティは異なり、把握してから打つことをおすすめします。
いくら還元率がよくてもボラティリティの把握をしないとすぐに資金が溶けてしまう恐れがあります。
当ページではプロバイダ毎のおすすめのビデオスロット、還元率やボラリティなどの攻略情報のご紹介をしてみなさんの手助けになれればと思います。

本ページで紹介するプロバイダ

Golden Hero Games(Japan Technical Games)
Play’n Go(プレインゴー)

Golden Hero Games(Japan Technical Games)

Golden Hero Games(Japan Technical Games)社は2018年に創設された新しいゲーミングプロバイダです。
アジアにはオンラインカジノゲームの開発を手がける企業がほとんどないのが現状ですが、今世界から注目を集めているのがこの「JTG社」です。
香港に拠点を置く企業ですが名前に「Japan」とあるように日本のパチンコやパチスロをモチーフにした台が多いことが特徴です。
日本独自の文化であるパチンコ、パチスロの特徴をカジノの仕組みに初めて持ち込んだ企業として注目されている企業の一つです。

Hawaiian Dream Xmas(ハワイアンドリームクリスマスver.)

【概要】
ハワイアンドリームクリスマスバージョンはハワイアンドリームの後継機で、平均継続率の低い青7が排除されたバージョンとなっています。

青7が排除されたことによって得られる利点は継続率だけではありません。大量出玉に期待できるアルティメットラッシュには赤7からしかいかないという特徴を持っている為、どんな当たりでも期待が持てます。

【機能】
ハイビスカスラッシュスーパー      1/99.6
ハイビスカスラッシュスーパー配当期待値 約80倍
ハイビスカスラッシュスーパー平均継続率 約85.4%
ハイビスカスラッシュスーパー最大継続率 約91.0%
アルティメットラッシュ   配当期待値 約50倍
サンセットボーナス     出現確率  1/499.5
RTP・・・97.0%、ボラリティ・・・High

ハワイアンドリーム通常盤とハワイアンドリームクリスマスver.の違い

通常ver. クリスマスver.
トータル初当たり確率1/89.4 トータル初当たり確率1/99.6
青7=約1/127.7 ✖(青7はナシ)
赤7=約1/298 赤7=約1/99.6
サンセットボーナス=1/296 サンセットボーナス=1/499.5
継続率:青7=65% ✖(青7はナシ)
継続率:赤7=平均85% 継続率:赤7=平均85.4%(最大91%)
青7=ハイビスカスラッシュ
赤7=ハイビスカスラッシュスーパー
赤7=ハイビスカスラッシュスーパー

【まとめ】
今回当ページでおすすめするのは通常ver.ではなくクリスマスver.をお勧めしました。
その理由はRTPの高さと出玉性能の観点からです。
通常ver.でも赤7を引かなければ満足のいく出玉を得ることはできないことから今回はクリスマスver.をご紹介しました。

Dreams of Gold(旧ゴールデンドリーム)

【概要】
リスピンの連続でフリースピンを勝ち取れ!3×3リールのビデオスロットです。
リスピンが3回揃うとフリースピンを獲得することができます。

フリースピンは赤文字図柄の「8」と金文字図柄の「8」で構成されています。

赤文字図柄の「8」が揃えばFROG RUSH。
金文字図柄の「8」が揃えばBIG WIN RUSH。

BIG WIN RUSHはその名の通りBIG WINが揃いやすくなっています。FROG RUSHからBIG WIN RUSHに昇格させるのが王道のパターンでFROG RUSH中のBIG WIN3回獲得で昇格することができます。

【機能】
フリースピン確率           1/124.5
フロッグラッシュ配当期待値      約35倍
スロッグラッシュからビッグウィンラッシュへの昇格率  30.2%
ビッグウィンラッシュ配当期待値    約182倍
ヘブンモード配当期待値        約710倍
RTP・・・96.41%、ボラリティ・・・Very High

HEAVEN MODE(ヘブンモード)は本機ではプレミアボーナス扱いとされていて突入すればBIG WIN RUSHの最高継続を獲得でき、約710倍配当が期待できます。

【まとめ】
ドリームオブゴールドは通常ver.とボラティリティを低くしたディライトver.がありますが当ページでは通常ver.をお勧めしました。
ディライトver.はRTPが96.56%と通常ver.より0.15%高いです。
ボラティリティも低くなっていますがフリースピンの確率が重くなっています。
つまり、ディライトver.は通常時の返しを多くした代わりにフリースピンの確率を重くしましたよというものです。このドリームオブゴールドはとにかくBIG WIN RUSHに入れなければプラス域に行くことはほぼありません。
このことからBIG WIN RUSHに入る確率が高い通常ver.を今回はご紹介致しました。

Oiran Dream(花魁ドリーム)

【概要】
JTG社お馴染みのパチスロ風3×3リールのビデオスロットです。『セクシーになればなるほど熱くなる』のコンセプトの元、2020年7月にリリースされて以降各オンラインカジノビデオスロットランキングで常に上位を誇ってきました。
通常時は「7」図柄揃いでフリースピン獲得となります。
リスピンの連続で「7」図柄が揃う確率が上がっていきます。
フリースピンはピンク図柄の「7」と虹図柄の「7」で構成されています。
ピンク図柄の「7」が揃えば花魁RUSH
虹図柄の「7」が揃えばDoki Doki Time

Doki Doki Timeは画面をタップする毎に獲得倍率が増えていくシステムでパチスロで言うところの「おしりぺんぺん」だと思って差し支えありません。一撃も選択することができますが期待値は変わりません。
花魁RUSHからDoki Doki Timeに昇格させるのが王道のパターンで花魁RUSH中の「月シンボル」獲得で昇格する確率が高くなります。

【機能】

フリースピン確率      1/181
花魁ラッシュ配当期待値   約38倍
花魁ラッシュ継続率約    74%
家紋ボーナス確率      1/389
家紋ボーナス配当期待値   約35倍
Doki Doki Time確率     1/345
Doki Doki Time配当期待値  約51倍
RTP・・・96.34%、ボラリティ・・・Middle High

「花魁ラッシュ」は1セット7スピンで構成されるフリースピンで継続率は平均約74%となっています。
しかし、Hawaiian DreamやDream of Goldのように純粋な継続率の抽選をしているわけではありません。

『初期ストック+月モードによるDoki Doki Time抽選+月獲得セットの救済抽選+歌モード』

最終スピンでは、まず月モードに応じたDoki Doki Timeの抽選を行い、その抽選に漏れた場合に継続抽選を行います。 Doki Doki Timeに当選した場合は、100%セット継続しますが、内部ストックは消費しません。
歌モードの当選の場合は、Doki Doki Timeに当選するまでは一切内部ストックを消費しません。 また、月が取れていたセットでは、46%で継続となる救済抽選が入ります。
これに当選した場合も、内部ストックは消費しません。 稀に、月が赤い状態のセットでさらに月を引く可能性があります。
その時は月がレインボーになり、Doki Doki Timeエクスタシーが確定します。

以上のことを総合して継続率平均約74%となります。

家紋ボーナスのサイコロの出目はガチ抽選となっており、各マップの確率は
中心が「ピンク7」のマップ・・・69.3%
中心が「虹7」のマップ・・・29.6%
中心が1000倍のマップ・・・1.1%
となっています。

【まとめ】
JTGは通常時の返しがほとんどない機種が多い中で花魁ドリームのコイン持ちは非常に優秀です。
フリースピンは他の機種に比べて重いですがバランスは良く作られており、楽しめるスロットとなっています。
また、様々なところで細かい抽選を行なっており、手に汗握るポイントが多いところも魅力の一つです。
リリースされて以来多くのプレイヤーを虜にしてきた理由がわかる台です。

Play’n Go(プレインゴー)

Play’n GOは2004年に設立し、数多く存在するプロバイダの中では比較的新しいスウェーデンのソフトウェア会社です。約200種類の豊富なゲーム数と、ユニークで話題性のあるゲームがプレイヤーから人気を集めており、多くのオンラインカジノでプレイすることができます。
Play’n GOのゲームはエンターテイメント性が高く、これまで数々の賞を受賞しています。2019年にはユニークなゲーム性、グラフィックなどが評価され「Best Casino Supplier of the Year」を受賞しています。
今後もますます期待できるプロバイダとなっています。

Moon Princess(ムーンプリンセス)

【概要】
ムーンプリンセス(Moon Princes)、通称ムンプリはPlay’n GO( プレインゴー)社からリリースされた、非常に人気があるスロットでパズル型で5×5マスのグリッド式スロットです。
大抵どのオンラインカジノでもおすすめされているビデオスロットでフリースピンが貰えるキャンペーンなどはムンプリのフリースピンがもらえることが多いです。
オンラインカジノをプレイしてる人でムンプリを知らない人はいないというくらい有名で人気のある台となっています。
LOVEとSTARとSTORMという美少女戦士がそれぞれの性能でプレイヤーをアシストしてくれます。
また、爆発力のあるスロットとしても知られており、プレイヤーを飽きさせない演出と出玉性能を誇ります。

【機能】
スキャッター(フリースピン図柄)はなく、フリースピンは枠内の図柄が全て消えたら発動します。(ワイルド図柄のみ残った場合も全消しとなります)
縦横どちらかに、3つ以上同じ図柄が止まれば配当が出ます。揃った図柄は消えて上にある図柄が落ち、連鎖で消すことで配当が上乗せされていきます。

『プリンセストリニティについて』
プリンセストリニティとは、1回転限定のフリースピンのことです。
「本物のフリースピン」に入るためのチャンス、といったところでしょうか。
そのため「プリンセストリニティ」はフリースピンへの突入チャンスであるため、ムーンプリンセスでは重要な演出となります。
プリンセストリニティは左下のメーターが貯まると発動します。

見事にすべてのシンボルを消すことができれば「本物のフリースピン」に突入します。フリースピンは3人のプリンセスのうち、好きな1人を選択できます。ガールズパワーの能力はもちろん、フリースピンの回数も異なってきます。
フィーチャー中にプリンセストリニティのメーターを満タンにするとフリースピンが追加されますが、その回数もプリンセスにより異なります。

プリンセス 初期フリースピンの回数 追加フリースピンの回数
LOVE 4回 4回
STAR 5回 3回
STORM 8回 2回

ただ最初のフリースピン回数が少ないから不利というわけではなく、プリンセスの能力や追加スピンを考慮してバランスよく設定されています。キャラクターの選択は自由ですが爆発力のLOVE、安定感のSTORMという印象です。STARはその間というところでしょうか。

【まとめ】
ビデオスロットは展開が早く、単調な機種が多いですがムーンプリンセスは演出が多めで知れば知るほど、回せば回すほど、この機種の魅力に気付くはずです。
特徴的なのがガールズパワーの貯まり方やフリースピンの選択、マルチプライヤー。
この仕様を正しく理解する事で一層ムンプリを楽しくプレイする事ができるのではないでしょうか。

Reactoonz(リアクトゥーンズ)

【概要】
Reactoonz(リアクトゥーンズ)はPlay’n Go(プレインゴー)社からリリースされた落下式パズル型で7×7マスのグリッド式スロットです。
リールが回転する従来のスロットと異なり、往年の人気パズルゲーム「ぷよぷよ」を連想させる仕様が特徴です。カラフルなキャラクターの絵柄が縦か横どちらかで5つ以上揃うと配当を獲得できます。
スキャッター図柄はありませんが、絵柄を消すたびにゲージが貯まって、ランダムな効果や拡大ワイルドの出現で連鎖を繋げ、さらに配当の獲得となります。
ゲージが満タンになれば拡大ワイルドを獲得することができ一撃で大量の配当を得ることができます。

主なシンボルはスライムのようなエイリアン。その他には、画面右側にもう一つの動物Gargantoon (ガーガントゥーン)が見えます。1スピンでシンボルを25個獲得すると、右側のメーターのメモリーが1つ増えてクウォンタムフィーチャーを獲得。「破裂」「切断」「破壊」「変換」のいずれかの機能が発動します。
クウォンタムフィーチャーを5回獲得するとGargantoon (ガーガントゥーン)が発動。画面右の動物、Gargantoon (ガーガントゥーン)ががリール内に現れて、ワイルドシンボルの役目を果たしてくれます。このワイルドシンボルは巨大なワイルドシンボルとなり高額配当の期待が持てます。

配当表は上の画像のようになっております。
普通のビデオスロットであればなんとなく高配当のシンボルを予測できますがリアクトゥーンズでは中々予想が付けづらいですね。
覚えるポイントとしては目が二つなのは高配当と覚えましょう。
ガーガントゥーンが巨大シンボルとなり1番左のシンボルと揃えることができればあなたの資金は潤沢のものになるでしょう。

【まとめ】
実質的なボーナスやフリースピンがない珍しいビデオスロットですが、一撃の配当の高さは他を凌駕します。
その一撃の魅力に取り憑かれたプレイヤーから多くの評価を得ており、人気ビデオスロットランキングでも常に上位に位置しているリアクトゥーンズ。
様々な演出があり、プレイヤーを飽きさせない作りになっているところも高評価です。

Rise of Athena(ライズオブアテナ)

【概要】
Rise of Athena(ライズオブアテナ)はPlay’n Go(プレインゴー)社から2020年11月にリリースされた新作のビデオスロットとなっています。
ワイルドシンボルはマルチプライヤーが最大3倍ついているのが特徴の機種で高配当図柄とマルチプライヤーの倍率を合わせることで大量出玉を狙います。
フリースピン中のワイルドシンボルはマルチプライヤーがなくなるまで固定されたままでペイライン上に多くのワイルドシンボルを集めることが鍵となります。

【機能】
リール数:3×5リール
ペイライン:10
ベット幅:0.1〜100ドル
RTP(還元率):96.2%
ボラティリティ:Middle High
MAX WIN:5,000x(500,000)

登場絵柄は、スキャッターシンボルとワイルドシンボルの他、最高位にアテナ図柄。 高額図柄に、ペガサスや兜など4種類。 低額図柄に、数字5種類となっています。
ライズオブアテナの最大の魅力はやはりフリースピン中の固定ワイルド。マルチプライヤーが各ワイルド毎についており、マルチプライヤーが中ならまでリールに固定されます。

そしてそのマルチプライヤーはペイライン上にあり、配当があれば「加算」ではなく「乗算」されます。
上記画像の場合は有効ペイライン上に3×3の倍率なので9倍となります。

【まとめ】
プレインゴーの機種にしては珍しく一般的な作りをしています。笑
スキャッター、フリースピン、マルチプライヤーの主要3要素を兼ね揃えている台です。
有効ラインが少ない分通常時の返しが辛いように思えますがその分マルチプライヤー付きの高配当を通常時でも狙うことができますのでボラティリティはMiddle Highとしました。

Golden Ticket 2(ゴールデンチケット2)

【概要】
GOLDEN TICKET2(ゴールデンチケット2)はPLAY’N GO社から2020年にリリースされたグリッド式スロットです。
前作のGOLDEN TICKETにムーンプリンセスの要素を取り込んだ仕様となっています。
前作ではフリースピンでの高額配当というよりも通常時の高額配当で勝利を狙うものでしたが今回のゴルチケ2はフリースピンで高額配当を狙うことができます。
また、シンボルの全消しは500倍となっています。
フリースピンのウィンスピンでマルチプライヤーを重ね配当を出す必要があり、最高でベット額の5000倍の配当を生み出すことができるスロットです。

【機能】
配当を作ったシンボルは取り除かれ、上に載っているシンボルが取り除かれた空間に落ちてきます。その後さらに配当を作るとマルチプライヤーが×1増加し、その後に作った配当はマルチプライヤー分、倍増されます。
そして「BOUNS」と表示されている列のシンボルをすべて取り除くとフリースピン(ボーナスラウンド)に入ることができます

3種類の人物シンボルで配当を作るとゲージが貯まります。消すシンボルの数によって貯まるゲージの数が異なります。
ゲージがマックスになるとWILDを1つか2つ任意の場所に生み出します。右にいるキャラによってWILDにマルチプライヤーがついているかどうか決まります。

フリースピンは3種類から選ぶことができます。違いはフリースピンの数とWIN SPIN突入時に発生する2×2のワイルドにマルチプライヤーが付くかどうかの違いです。
右の赤い女性はボラリティが高く、左のピエロはボラリティが低くなっています。高配当を狙うなら右、安定を狙うなら左、バランスの真ん中という感じです。
フリースピンに入ったら、人物シンボルを消してWIN SPINを狙います。フリースピン中にゲージを3つ貯めるとWIN SPINに入ることができます。(WIN SPINはフリースピンの数を消費しません)

【まとめ】
先代のゴルチケはボラティリティが低かったのですが今回のゴルチケ2はボラティリティが上がっています。ボラティリティHighと評価しているところが多いですが通常時の配当は優秀な部類ですのでMiddle Highと評価します。
フリースピンの形式が大幅に変更となりました。
後継機というのはほとんど同じような性能になることが多いですがゴルチケ2に関しては先代のゴルチケとは全く別物と考えて遊びましょう。

ゴルチケ=通常時で高額配当を狙う
ゴルチケ2=フリースピンで高額配当を狙う

Charlie Chance in Hell to Pay

【概要】
主人公チャーリーが地獄で可愛いデビルとのプレイに挑むスロット「Charlie Chance in Hell to Pay(チャーリー・チャンス・イン・ヘル・トゥ・ペイ)」が PLAY’N GO社からリリースされました。これまでの3×3リールスロットに比べて、エンタメ性が高められており、配当機会も多いのが魅力です。
昔の白黒映画のような画面の中にカラフルなリールのあるスロットです。
数々の傑作コメディ映画を作り上げてきたチャップリンをモチーフにしたビデオスロットでコミカルなアクションが特徴の遊べるスロットになっています。

【機能】
3リール3行のペイラインは5のクラシックスタイルとなっており、ペイアウト率は96.23%でMiddleボラティリティですので、適度な勝つか負けるかの丁度いいバランスのゲームとなっています。1回あたりの配当自体はそこまで多くはないですが、頻度としては多いので演出が沢山見ることが出来ます。

CHARLIE CHANCE IN HELL TO PAYに登場するシンボルはクラシックのシンボルにアレンジを加えたシンボルで、一番高配当なのがWILDシンボルで、666、BARとなっています。
通常の777ではなく地獄を連想させる666マークがシンボルです。

低配当シンボルはぶどう、青りんご、レモン、チェリーの4種類となっています。
WILDシンボルはスキャッターシンボル以外のすべてのシンボルの代わりになるだけではなく、マルチプライヤー付きWILDがあり、2倍、3倍となります。

WILD:ペイライン3で12を獲得。
ベル:ペイライン3で6を獲得。
666:ペイライン3で4.5を獲得。
BAR:ペイライン3で3を獲得。
ぶどう:ペイライン3で1.2を獲得。
青りんご:ペイライン3で1.2を獲得。
レモン:ペイライン3で0.6を獲得。
チェリー:ペイライン3で0.6を獲得。

CHARLIE CHANCE IN HELL TO PAYで重要になってくるのがシンボルの右下に表示されるデビルスキャッターがあります。スピン上で3つのデビルスキャッターが表示されるとフィーチャーボードが発動となります。
フィーチャーボードになるとチャーリーが火の海に転落してしまう岩場を進み、止まった場所にあるフィーチャーを獲得していくというものです。フィーチャーにはそれぞれ最大25回のマルチプライヤーリスピンや最大10倍のコイン獲得など色々と用意されています。そしてCHARLIE CHANCE IN HELL TO PAYの発動条件もフィーチャーモードで最大8回のフリースピンに止まることで発動します。
フリースピンは8回転分回すことが出来ますが、この時デビルのスキャッターアイコンを3つ集めることでフィーチャーボードが発生します。
ベースゲーム中は同時に3つ表示させる必要がありますが、ボーナス時は“合計”3つ集まれば発動となりますので比較的フィーチャーボードが起こりやすいです。
フリースピン中のフィーチャーボードは比較的表示回数が多くなるように配慮されています。
CHARLIE CHANCE IN HELL TO PAYにはジャックポット機能はありませんが、フィーチャーボード機能によってマルチプライヤーやリスピンなどが組み合わせることで最大6,666倍のBIGWIN獲得となります。
Middleボラティリティにおいて納得の倍率と言えるでしょう。

【まとめ】
CHARLIE CHANCE IN HELL TOPAYはとにかく演出が多くボラティリティがMiddleと遊べる台になっています。
プレインゴーには珍しい3×3リールでモダンな作りとなっており他には見かけない新感覚の台です。
様々なランキングを見ても中々上位にランクインしてることはないのですがコアなファンが多いスロットとなっていますのでご紹介しました。
時間がある時にまったりと遊ぶことをオススメします。