おすすめビデオスロット 【最新版】 〜プロバイダ別編Ⅱ〜

現在オンラインカジノのビデオスロットは数千機種あると言われています。
登録したけどまだ何で遊んでいいかわからない。遊んでみたいけど勝てるスロットで遊びたい。なんて人は多いと思います。
スロットそれぞれに還元率(ペイアウト率)やボラティティは異なり、把握してから打つことをおすすめします。
いくら還元率がよくてもボラティリティの把握をしないとすぐに資金が溶けてしまう恐れがあります。
当ページではプロバイダ毎のおすすめのビデオスロット、還元率やボラリティなどの攻略情報のご紹介をしてみなさんの手助けになれればと思います。

本ページで紹介するプロバイダ

PragmaticPlay(プラグマティックプレイ)

PragmaticPlay(プラグマティックプレイ)

PragmaticPlay(プラグマティックプレイ)、通称プラグマは、2015年にマルタのスリーマで創業されたゲームプロバイダーで、オンラインカジノの分野で急成長を続けています。
ゲーム開発の技術力だけでなく、約78カ国・26言語ととても幅広い地域に対応出来る力を持っているのが大きな特徴です。そのため、プラグマでは、世界中の様々なオンラインカジノに多種多様なスロットゲームを提供しています。現在では、ライブ中継でプレイ出来るカジノゲームも手掛けています。
個人的には最も好きなプロバイダの一つです。プラグマのビデオスロットの特徴は、高配当が得られるものが多く、他のスロットよりスリル感の強くなっています。
そして、プレイしてみればわかると思いますがゲームシステムや動作に無駄な要素を省いているため、扱うデータの容量が少なくて動作が軽快です。

Curse of the Werewolf MegaWays

【概要】
プラグマティック・プレイ社(Pragmatic Play)から、狼男が主役のメガウェイズスロット「Curse of the Werewolf Megaways(カース・オブ・ジ・ウェアウルフ・メガウェイズ)」がリリースされました。
狼絵柄が最高額配当シンボルとなっています。この台のポイントはフリースピン中、「金色狼」を獲得する毎にキャラクター絵柄を最高配当の「狼絵柄」に変換してくれます。
フリースピンの後半に「狼絵柄」を多く揃えることで高配当を狙います。

【機能】
リリース日:2020年8月6日
リール数:6リール×2〜6行
ペイライン:最大46,656通り(Megaways)
ベット幅:0.1〜100ドル
RTP(還元率):96.5%
ボラティリティー:High
MAX WIN:40,976倍

登場絵柄は、ミステリーシンボルやボーナス絵柄の他、狼絵柄を最高位に、人物キャラクター4名が高額絵柄。 数字5種類が低額絵柄になります。

通常時はベースゲーム中にミステリーシンボルが頻繁に登場して、配当成立を強化してくれます。 停止後に、全ての同一絵柄へと変化してくれるので、他の絵柄と絡むことで、一撃ビッグウィン獲得の可能性があります。

フリースピンはボーナス絵柄3つ以上の停止突入します。スピン回数はスキャッターの数によって異なり、8回・10回・12回・15回となります。
フリースピン中のみ表示される、「金色狼」は対象のキャラクターを攻撃してくれます。対象キャラクターに5回攻撃をすると、そのキャラクターが狼男化してそのフリースピン中は最高配当絵柄の「狼絵柄」となります。

フリースピン後半になると「狼絵柄」が多くなり、高配当の嵐となります。

また、この台はフリースピンの購入をすることができます。ベット額の100倍を支払うことで即ボーナスに突入します。

【まとめ】
Curse of the Werewolf MegaWaysは個人的に最もオススメのスロットの一つです。
プラグマはメガウェイズ系のビデオスロットをリリースするようになりましたがその中でも演出のバランス、ボーナスの頻度、グラフィック等、素晴らしい作りに仕上がっています。
通常時でもミステリーシンボルがあるおかげで高配当を獲得することができますし、フリースピンの性能も獲得平均枚数が多いという印象で、爆発力もある高次元での安定感を誇っています。
特にフリースピン後半はドキドキ・ハラハラが止まらない、そんな台となっています。

The Dog House MegaWays

【概要】
プラグマティックプレイから前作の人気スロット「THE DOG HOUSE 」にMEGAWAY 機能を搭載した本機がリリースされました。THE DOG HOUSEの可愛いキャラクターたちはそのままに、MEGAWAYSを搭載したことで、出玉性能が飛躍的にパワーアップしています。
前作を知っている方も知らない方も、今注目してほしいビデオスロットのひとつです。
THE DOG HOUSEは愛らしい犬のキャラたちが人気のスロットですがペイラインが増加したことで、シンボル成立しやすくなったほか、同時成立もしやすくなりましたので、一撃性能が大きく飛躍したハイスペックなスロットとなっています。

【機能】
リリース日:2020年8月13日
リール数:5リール×2〜7行
ペイライン:最大117,649通り(Megaways)
ベット幅:0.2〜100ドル
RTP(還元率):96.55%
ボラティリティー:High
MAX WIN:12,305倍

THE DOG HOUSE MEGAWAYSでは、11種類の図柄に対して、当選配当倍率が設定されています。(画像の配当は2ドルベットの場合)犬のキャラクター図柄が高配当シンボルで、首輪や骨、アルファベット、数字は低額配当となっています。
また、犬小屋がモチーフとなっているワイルドシンボルには2倍または3倍のマルチプライヤーが付けられています。
したがって、ワイルドシンボルが絡んでシンボルに当選すれば、配当が通常の2倍・3倍となり、高倍率の配当に期待できます

通常時はフリースピン(ボーナス図柄3つ以上)獲得を目指してプレイしていきます。MEGAWAYSバージョンはペイラインが多いので、フリースピンに突入しなくても、1ゲームで高額配当に期待できることが特徴です。
また、この機種はフリースピン購入機能があり、ベット額の100倍支払うことでボーナススタートとなります。

THE DOG HOUSE MEGAWAYSでは、「粘着WILD」「雨のWILD」の2つのフリースピンがあり、フリースピン突入時に好きな方を選択できます。

粘着WILDでは、出現したWILD図柄がフリースピン終了までリール上に残り続けますが、雨のWILDでは出現したWILD図柄は、1ゲームごとにリセットされます。

【まとめ】
THE DOG HOUSE MEGAWAYSはペイラインの増加によって、高額賞金獲得のチャンスが大きく広がりました。
カジノでスロットを打つ人の誰もが一攫千金を楽しみにしているかと思いますが、MEGAWAYS系はジャックポット非搭載でも超高額配当を獲得できるようになりました。
MEGAWAYSの搭載は前作と今作の違いですがもう一つ注目すべき点はフリースピン突入時の「粘着」と「雨」を選択できるという点です。「爆発力のある粘着」を選ぶか「安定感のある雨」を選ぶかで運命が大きく変わってきそうです。

Sweet Bonanza(スイートボナンザ)

【機能】
リリース日:2019年6月25日
リール数:6リール×5行
ペイライン:243通り
ベット幅:0.2〜100ドル
RTP(還元率):96.48%
ボラティリティー:Middle High
MAX WIN:21,100倍

登場絵柄は大きなキャンディのスキャッター図柄、高額絵柄は赤ハートと紫のスクエアキャンディ絵柄。中位絵柄は緑と青のキャンディ絵柄。低位絵柄はリンゴやスイカなどフルーツ5種類となっています。

配当はリールの並び方ではなく同一絵柄の個数で獲得することができます。8個以上の絵柄がスロット上に出現すれば配当成立となり絵柄が削除され、新規絵柄が落下して連鎖となります。

「機能獲得チャンスボタン」はONにしてプレイすることをオススメします。これはベット額25%アップとなる代わりにフリースピンの獲得確率が2倍になるというお得な機能です。配当には機能分のベット額の影響はありませんがフリースピンを獲得しなければ勝ちに繋がりづらいことを考慮するとONにする方が得策と考えます。

フリースピンはキャンディ(スキャッター)絵柄を4つ以上停止させることで突入します。
もしくはこの機種はフリースピンを購入することができるのでベット額の100倍を支払うことでボーナススタートとなります。

ボーナス中は配当成立の連鎖が続いて合計配当が決定すると枠内に表示されているマルチプライヤーに記載された倍率分乗算されます。配当成立×高倍率マルチプライヤーで大きな一撃を狙うことのできる台となっています。

【まとめ】
Sweet Bonanza(スイートボナンザ)はプラグマティック社を代表する名機でビデオスロット人気ランキングで常時上位に位置しています。
プラグマのビデオスロットはボラリティが激しい機種が多いですがスイートボナンザはその中では比較的易しい部類に位置します。通常時の配当がそこそこあることからボラティリティをMiddle Highとしました。
バランスもよく遊べる機種となっていますので是非プレイしてみてください。

Wild West Gold(ワイルドウエストゴールド)

【概要】
プラグマティックプレイ社から超ハイボラリティのWild West Gold(ワイルドウエストゴールド)がリリースされました。
ボラティリティが高い機種が多いプラグマ社ですが本機は最高峰のボラティリティを誇ります。
通常時のコインの減りは早いですが一撃の爆発力もえげつない機種となっています。

【機能】
リリース日:2020年3月26日
リール数:5リール×3行
ペイライン:40通り
ベット幅:0.2〜100ドル
RTP(還元率):96.51%
ボラティリティー:Very High
MAX WIN:10,000倍

登場絵柄はワイルド絵柄とスキャッター絵柄の他、高額絵柄はキャラクターの4種類。中位絵柄は2種類。低位絵柄は数字の5種類となっています。

フリースピンはスキャッター絵柄を4つ停止させることで突入します。
もしくはこの機種はフリースピンを購入することができるのでベット額の100倍を支払うことでボーナススタートとなります。

フリースピンは8回からスタートとなりますがこの機種は追加スピンを獲得しやすくなっております。
スピン中に絵柄上に「保安官バッチ」を2つ以上獲得すると追加スピンとなります。

フリースピン中はマルチプライヤー付きワイルドが固定化されます。最大5倍の固定絵柄がボーナス中に表示され続け増加していきます。スピン後半には毎回BIG WIN獲得となることもしばしばあります。

【まとめ】
固定ワイルドに加え、追加スピンもある本機種のフリースピンは大勝利間違いなしの設定になっている分、ボーナス中の賞金上限が「ベット額の10,000倍」までに設定されています。
その額に達した時点でボーナス終了になります。しかし、こんな機能が設定されているスロットはなかなかありませんのでそれ程期待値の高い台となっています。

Drago – Jewels of Fortune

【概要】
プラグマティック・プレイ社(Pragmatic Play)から、最大10,000倍のボーナスラウンドと、フィーチャー抽選式のフリースピンを搭載した注目のスロット「Drago:Jewels of Fortune(ドラゴ:ジュエルズ・オブ・フォーチューン)」がリリースされました。 最大48,000倍の配当獲得できる爆裂機となっています。

【機能】
リリース日:2020年7月9日
リール数:5リール×5・4・4・4・5行
ペイライン:1600通り
ベット幅:0.2〜100ドル
RTP(還元率):96.5%
ボラティリティー:Middle High
MAX WIN:48,000倍

登場絵柄は、ワイルド絵柄とフリースピンボーナス絵柄の他、4匹のドラゴンの高額絵柄。 低額絵柄に数字5種類となります。

この機種のポイントは「ドラゴンスーパースピン」と「フリースピンボーナス」の2種類のボーナスにあります。
通常時の四隅に、同一のドラゴンが表示されると、そのドラゴンの「ドラゴンスーパースピン」が発動します。

ドラゴンスーパースピンは、空いたエリアにドラゴンが停止しなくなるまでスピンが継続するボーナスラウンドになります。 最初は4つからスタートし、1つの絵柄が増える毎に、ベット倍率配当が高まり、通常では最大5,000倍。 リール内に、「アップグレード絵柄」が停止すれば、最大10,000倍の配当が獲得できます。

通常時の四隅にボーナス絵柄が表示されると、「フリースピンボーナス」の獲得となります。もしくはベット額の100倍を支払うことで獲得することもできます。

フリースピンボーナスは、「スピン回数・ワイルド数・マルチプライヤー数・ミステリー絵柄数」の全てのフィーチャーを抽選で決定してからフリースピン開始となります。3スピン中に、追加絵柄が表示されなくなるまで抽選が継続し、表示された内容が追加されていきます。多くのフィーチャーが獲得できれば、それだけ高額賞金が毎スピンで得られる可能性が高まります。

【まとめ】
Drago – JewelsofFortune(ドラゴ)はリリースされて以来プラグマを代表する機種になりました。
プラグマ特有のHighボラリティよりは少し抑えられたことでプレイヤーがプレイをしやすくなっています。
その反面爆発力も兼ね備えているのでユーザー満足度の高い機種となっています。